「商標マーク(®、TMマーク、SMマーク)の違いを教えてほしい。

登録されていない商標に®を使ったらだめなの?」

こうした疑問に答えます。

本内容では、知らないと損をする商標マークの違いを解説していきます!

1.商標マーク①Rマーク

通常、商標の横や右上に小さく表示されます。

商標は登録されていますよという意味です。

注意すべきは、登録されていない商標に®を使ってはいけないことです。

もしあなたが登録されていない商標に®を表示すると、虚偽表示をしていると判断されて刑罰が科される可能性があります(商標法第74条)

 

虚偽表示の法律に違反すると、3年違反の懲役、または300万円以下の罰金刑を科せられますので注意してください。

 

また、日本の商標法では、登録商標に®の表示を義務付ける規定は存在しません。

このため、せっかく登録しても、®を表示しなかったという理由で損害賠償請求をすることができないわけではありません。

一方、アメリカの連邦商標法では®の表示は損害賠償請求をする上で必要なことに注意してください。

 

では、登録商標に®の表示をつけなくてもいいのかというと、つけておくことをおすすめします。

理由は、登録商標の普通名称化を防止するためです。

例えば、「正露丸」はもともと登録商標でしたが、一般に広く商標が使われることになり、普通名称化しました。

®であることを明示しておくと使用の禁止の効力がありますので、普通名称化を防止しやすいです。

 

なお、登録商標の権利者以外が、登録商標に®を使うべきかどうかはどっちでも構いません。

他人の登録商標に®を使わなかったからという理由で、罰せられるといった心配は不要です。

(もしそうであれば、あなたがコカ・コーラーを文章で使うとき、毎回コカ・コーラ®と表示しないといけず大変です…)

 

2.商標マーク②TMマーク

通常、商標の横や右上に小さく表示されます。

登録されようが登録されまいが関係なく表示できます。

®と異なり、TMマークを表示したからといって処罰の対象となることはありません。

 

では™は表示するメリットがあるのでしょうか。

メリットとしては、この商標で商売をしていることのアピールになり、ユーザに商標として識別されやすくブランド戦略に有効であることが挙げられます。

なお、他人の商標に™が表示されたからといって必ずしもあなたがその商標を使えないわけではありません。

登録されているかどうか調べましょう。

3.商標マーク③SMマーク

TMマークは商品に使う商標、SMマークはサービスに使う商標にそれぞれ使います。

使い方が全くちがいますので注意しましょう。

 (例)

 ・商品「缶コーヒー」に商標「コーヒーぼうや」を使う場合➤「コーヒーぼうや™」

 ・サービス名「喫茶店による飲食物の提供」に、お客さんに出すマグカップに商標「コーヒーぼうや」を使う場合➤「コーヒーぼうや℠」

 

4.その他のマーク©

著作物であるものは©を表示します。

著作物は特許庁へ申請することなく、作り上げた時点で著作権が発生します。

®と©でややこしいですが間違わないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です