国内商標

【2021年】商標登録のための補助金・助成金のまとめ

「商標登録をしたいけれど費用が大変。

国から補助金・助成金を出してもらえるのかなあ。」

こうした疑問に答えます。

この記事を書いている人

 ・弁理士(特許事務所・TMI総合法律事務所・企業知財部出向)

 ・商標出願件数100件以上

 ・現在特許事務所BrandAgentの代表

結論を言うと、以下のとおりです。

  • 国内への商標出願については助成金・補助金制度はなし。
  • 外国への商標出願については助成金・補助金制度はあり。

本内容では、外国への商標出願の助成金・補助金制度について解説します。

助成金・補助金が申請できる時期・資格など条件がありますので注意してください。

本内容のまとめ

  • 外国への商標出願については助成金・補助金制度はあり。
  • JETRO(日本貿易振興機構)または各都道府県機関により助成金・補助金を受けることができる
  • 補助の対象は中小企業者に限定される
  • 補助率は費用の1/2。上限は60万円。
  • 応募受付期間がある。(年中募集しているわけではない。)
  • 助成対象期間内に商標の出願を実施し、費用を支払っていることが必要

1.外国商標出願の助成金・補助金制度の概要

助成金・補助金はJETROまたは各都道府県機関により申請することができます。

例えば、京都で受けられる各都道府県機関は以下のとおりです。

助成金・補助金の対象者・応募受付期間・補助率・上限額をまとめると以下のとおりです。

補助金の対象者➤中小企業者など

※各都道府県機関に申請する場合、本社は申請する都道府県内に置いている必要があります

補助金の応募受付期間➤通常5~7月

補助率➤費用の1/2

上限額➤60万円

2.外国商標出願の助成金・補助金の申請から商標出願までの流れ

助成金・補助金の申請から商標出願までの流れは以下のとおりです。

①助成金・補助金の申請をする(応募受付期間は通常5~7月)

②審査の通知がくる(申請から通常約2週間後)

③審査の結果、採択の場合には、助成対象期間内に商標の出願をする(助成対象期間は通常8月~翌年1月)

助成対象期間の前に商標出願をしたものについては補助金・助成金の対象にならないため注意してください。

助成金・補助金の対象は、各国特許庁への手数料以外に、国内弁理士・現地の弁理士への手数料も含まれます。

3.外国商標出願の助成金・補助金制度

本内容のまとめ

  • 外国への商標出願については助成金・補助金制度はあり。
  • JETRO(日本貿易振興機構)または各都道府県機関により助成金・補助金を受けることができる
  • 補助の対象は中小企業者に限定される
  • 補助率は費用の1/2。上限は60万円。
  • 応募受付期間がある。(年中募集しているわけではない。)
  • 助成対象期間内に商標の出願を実施し、費用を支払っていることが必要

>> JETROの公式サイトはこちらから。

>> 各都道府県機関の情報はこちらから。

特許事務所のBrandAgentの公式サイトはこちら

国内・外国の商標出願を日本・現地の弁理士が担当。

国内商標出願は出願手数料0。詳しくはこちらです。

 

-国内商標

Copyright© 特許事務所BrandAgent®ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.