国内商標

商標権の移転・譲渡の手続きのやり方と注意点

「商標権を移転・譲渡するにはどうすればいいの?

やり方と費用を教えてほしい。」

こうした疑問に答えます。

この記事を書いている人

 ・弁理士(特許事務所・TMI総合法律事務所・企業知財部出向)

 ・商標出願件数100件以上担当

 ・現在特許事務所BrandAgentの代表

本内容では、商標権の移転・譲渡のやり方と費用を解説します。

本内容は「登録後」の解説です。「登録前」の移転・譲渡(すなわち商標登録を受ける権利の譲渡)については「商標の名義変更のやり方と費用【知らないと失敗します】」の記事をご参考に。

本内容のまとめ(忙しい方向け)

  • 商標権移転登録申請書(全部譲渡の場合のテンプレートはこちら。一部譲渡の場合のテンプレートはこちら。)
  • 譲渡証書(全部譲渡と一部譲渡で書類は異なる点に注意)
  • 譲渡証書には印紙税がかかる。印紙税は譲渡金額により異なる。詳しい金額は「印紙税/産業財産権関係の抜粋」のサイトをご参考に。
  • 委任状(代理人にお願いする場合、承継人と譲渡人の両方が必要。)
  • 費用(登録免許税)は30,000円。収入印紙である点に注意。
  • オンラインは不可。郵送で提出する。

1.商標権の移転・譲渡に必要なもの

商標の名義変更に必要なものは以下の2~3つです。

  • 商標権移転登録申請書(全部譲渡の場合のテンプレートはこちら。一部譲渡の場合のテンプレートはこちら。)
  • 譲渡証書(全部譲渡と一部譲渡で書類は異なる点に注意)
  • 委任状(代理人にお願いする場合、承継人と譲渡人の両方が必要。)

委任状は、代理人にお願いする場合必要です。

なお、代理人は弁理士でなくてもOKです。(移転登録の代行申請は弁理士の独占業務でないため)

参考:「申請人の代わりに、移転申請手続を行う者全般を指します。弁理士や弁護士等の国家資格を持つ者に限らず、法人や自然人(在外者を除く)による代理も可能です。」

特許庁サイト「代理人による手続について」

商標権移転登録申請書と譲渡証書(必要に応じて委任状)は、オンラインで出願できず、郵送で特許庁へ提出する必要がある点に注意してください。

2.商標権の移転・譲渡に必要な費用

費用は登録免除税の¥30,000とさらに印紙税がかかります。

登録免許税と印紙税は収入印紙をそれぞれ、商標権移転登録申請書と譲渡証書に貼り付けます。

引用:https://www.jpo.go.jp/system/process/toroku/document/touroku_yousiki/iten_zenbu_t.pdf(赤枠は筆者の追記。)

 

 譲渡証書には印紙税がかかることに注意してください。

 印紙税は譲渡金額により異なる。詳しい金額は「印紙税/産業財産権関係の抜粋」のサイトをご参考に。

譲渡証書に譲渡金額の記載は不要です。

 また、弁理士に依頼する場合、弁理士手数料もかかります。

 

3.商標の名義変更のまとめ

本内容のまとめ(忙しい方向け)

  • 商標権移転登録申請書(全部譲渡の場合のテンプレートはこちら。一部譲渡の場合のテンプレートはこちら。)
  • 譲渡証書(全部譲渡と一部譲渡で書類は異なる点に注意)
  • 譲渡証書には印紙税がかかる。印紙税は譲渡金額により異なる。詳しい金額は「印紙税/産業財産権関係の抜粋」のサイトをご参考に。
  • 委任状(代理人にお願いする場合、承継人と譲渡人の両方が必要。)
  • 費用(登録免許税)は30,000円。収入印紙である点に注意。
  • オンラインは不可。郵送で提出する。

特許事務所のBrandAgentの公式サイトはこちら

国内・外国の商標出願を日本・現地の弁理士が担当。

国内商標出願は出願手数料0。詳しくはこちらです。

 

-国内商標

Copyright© 商標小僧 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.